前へ
次へ

企業が取り組む労働相談

企業の中には労働相談を定期的に行っているところもあります。企業側はできるだけ問題が起きないように、様々な対策を取る必要があります。ですから困っていることがあれば相談してほしいということで、企業とは離れた機関を設けて労働相談を行っている、というところもあります。実際に足を運んで相談をすることができないという場合には、第三者委員会のメールでの相談もできるように、仕組みを整えています。近年、ハラスメントが社会的な問題に発展をしてきています。本来ではあってはならないことですが、一向に減ることはありません。減らすためには企業努力も必要となります。社員教育をしっかりと行い、ハラスメントの事案を勉強して回避をする方法などの講義を行うということも必要です。それを怠っている企業はやはり問題も起きやすいです。今後は制度をして取り入れていく、ということも考えていく必要があります。企業側での対策もしっかりと検討しなければいけません。

Page Top