前へ
次へ

社会人でも労働相談はできる

現在の法律事務所では、電話による相談にも対応しているので、忙しい社会人でも労働相談をすることが可能です。通常、社会人だとしても昼頃まとまった時間(1時間程度)休憩を取れるのでその際に相談するというのもありです。法律事務所の都合があるでしょうが、事前に事情を説明し弁護士からの理解を得られれば対応してお昼時でも対応してくれるでしょう。メールでの労働相談をすることも可能です。この場合だと、自分の好きな時間に相談文を用意すればいいのでさらに楽です。メールだと、冷静になるので弁護士としても全体像を理解しやすいこともあります。通常の営業時間外でも労働相談ができることもあります。例えば、夜間の時間帯や土日祝でも、対応してくれる法律事務所もありますよ。通常の営業時間外の場合も、やはり弁護士の都合があるので、忙しくて通常の営業時間内に事務所の行けないことを伝えましょう。相談場所は、事務所以外でもOKということもあります。

Page Top